我が家の日々のできごと  おでかけ たくの成長 etc


by taku_haha
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:旅行( 56 )

今回の私の好きな街は、好きな街というより思い出に残る海、メキシコのカンクンです。
Ⅰ、Ⅱのヨーロッパからがらっと変わって、カリブ海へ飛びます。

d0024954_1424557.jpg新婚旅行で行きました。
夫はこの時、初飛行機&初海外。
「飛行機に乗る時は、入口で靴を脱ぐんだよ」なんて、友達に冷やかされながらの出発でしたが・・・。
乗り換えのダラスで悪天候のため、10時間も待たされ、カンクンに着いたのは丸1日後の真夜中でした。

翌朝目覚めた時に見た、カリブ海の美しさ。
旅の疲れも吹き飛ぶ、感動的な BLUE でした。

人のいない早朝に海辺を散歩しては、しっかりその青を目に焼き付けました。
ホテルのベランダからも、しょっちゅう海を眺め、ほんとに海ばかり見ていた気がします。

国内外を問わず、あまり海には行っていないのですが、
カンクンを超える美しい海には、まだ出会えていません。
たくを連れて行きたいのですが、あまりに遠くて・・・。
直行便が飛べば、連れて行けるかなぁ。
[PR]
by taku_haha | 2005-01-04 21:37 | 旅行

伯母の油絵

今日はクリスマスイヴですが、病人2人を抱える我が家に、ごちそうはありませんでした。

d0024954_0105817.jpg今日の写真は、母方の伯母が描いてくれた油絵です。
我が家のリビングに飾ってあります。
伯母は趣味で油絵を習っており、伯母の家に行くと、伯母の描いた素敵な油絵が飾ってあります。

私の結婚が決まった時、お祝いに、好きな写真を油絵で描いてあげる、と言われました。
言われてすぐ、私はブルージュの写真にすることに決めていました。
数あるブルージュの写真の中から、
隣町のダムへサイクリングに行った時の写真に決めました。

結婚式の1ヶ月ほど前に届いた、重くて大きな箱。
開けてみると、りっばな額縁に入った、とても素敵な油絵!
ひとめで気に入りました。

この絵を見るたびに、ブルージュの街並みや、
ダムまでの楽しかった道のりを思い出します。
[PR]
by taku_haha | 2004-12-24 20:33 | 旅行
私の好きな街第二回目は、パリです。
ヨーロッパの中では、定番中の定番といったところでしょうか。
パリは三度訪れましたが、フランスはパリしか行ったことがありません。

初めてヨーロッパに足を伸ばしたのが、1997年9月でした。
ダイアナ妃が亡くなった、1週間後くらいのことです。
飛行機とホテルを個人手配、完全フリーでした。

安く上げようと考えたのか、キャセイパシフィック航空で香港経由のパリ着。
現地時間の朝5時前に到着でした・・・。

そんな長旅にもめげず、ルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿など、
主なところはしっかり観光。
大好きなフランスパンをかじり、カフェでお茶をして、ビストロでご飯を食べて、
とめいっぱい楽しみました。

三度目は母と一緒にツアー。
母は二度目の海外、初めてのヨーロッパ。
2月のパリは、日が暮れるのが早く、夏より損した気分でした。

母は美術館が好きで、カルトミュゼを購入し、思う存分観てまわりました。
ルーブル美術館のモナリザは、何度観に行ったことでしょう!
ルーブル内にいる時は、まずモナリザを観て、ほかの作品を観て、またモナリザへ。
散歩をしていて、ルーブル近くを通りかかったら、またモナリザへ。
そんな感じで、何度もモナリザを拝みました。

私のイチオシは“サントシャペル”。
私は、教会のステンドグラスを観るのが好きなのです。
ステンドグラスに包まれた礼拝堂は、声も出ないほどの素晴らしさ。
まるで万華鏡の中にいるようでした。

いつの日か、またフランスを訪れることができたら、まずはモンサンミッシェルへ行きたい。
オランジュリー美術館で「モネの睡蓮」を観たい。

今の私には、遠い夢ですね・・・。
[PR]
by taku_haha | 2004-12-14 22:50 | 旅行
d0024954_22404018.jpg私が今まで訪れた国の中で、一番好きなのはベルギーです。
9月と2月、と違う季節に訪れました。
ベルギーはどの街に行っても、それぞれの良さがありますが、中でもブルージュが一番のお気に入りです。

最初に行ったのは9月でした。
英語の話せる友人と、アメリカ経由でヨーロッパへ渡りました。
ベルギーへは、パリからタリス(ベルギー国際高速列車)で入国。
ブリュッセルから国鉄を乗り継いで、ブルージュへ入りました。
二度目の2月は、母と2人で“ベルギー・パリ8日間”のツアーでした。

ブルージュはよく「天井のない美術館」と称されます。
中世以来時の流れを止めてしまったかのような古い街並みは、
街を流れる運河と調和し、絵画のようです。

石畳の道路を気の向くままに歩き、鐘楼のカリヨンの音色に耳を傾ける。
運河をボートに乗って巡ってみる。
鐘楼のらせん階段をはあはあ言って昇り、美しい街並みを見下ろす。
ハンドメイドレース専門店の店頭で、
ボビンレース編みをするおばあちゃんの手元に見入る。

毎日、ただ散歩をしているだけでも、見るものすべてに感動し、飽きません。

1回目は時間があったので、隣町の“ダム”まで、レンタサイクルで行きました。
ダムまでの自転車での道のりも、自然の中を走って、気持ちよいものでした。
ダムという街は、ブルージュとはまた違い、牛や豚などの家畜が歩き回る牧場がある、
緑の多いのんびりしたところです。

ゆっくりのんびり街を歩きに、ブルージュへ行きたいなぁ。
カリヨンの鐘の音を、今、懐かしく思い起こしています。
[PR]
by taku_haha | 2004-12-08 23:13 | 旅行

クリスマス市

d0024954_23574743.jpg毎年12月になると、4年前に行った、クリスマス市巡りのツアーを思い出します。

母と弟(当時大学生)の3人で、安いけれど忙しいツアーで行きました。
8日間で、ドイツとオーストリアのクリスマス市を見てまわります。
日本との往復はロンドン経由、ホテルは日替わり、バスで毎日移動のハードスケジュール。

行ったクリスマス市は、ドイツがニュルンベルク、ローテンブルク、ミュンヘン。
オーストリアは、ザルツブルクとウィーンでした。

市庁舎前で開催されたクリスマス市では、クリスマスグッズやおいしいソーセージ、
温かい飲み物が売られている屋台を見ながら歩きました。
夜になるとツリーに明かりが灯り、市庁舎もライトアップされ、とても美しかったです。

どの町のクリスマス市も、とても綺麗で素敵でした。
でもほんとに忙しかったので、ゆっくりじっくりは見ることができず・・・。

また行く機会があれば、今度はツアーではなく、個人でゆっくり行きたいなぁ。
[PR]
by taku_haha | 2004-12-01 21:49 | 旅行

シンガポール洗濯事情

d0024954_043360.jpg
10/31~11/5の5泊6日で、私の両親、私、たくの4人で、シンガポールへ行きました。
初海外の父とたくを連れて、航空券、ホテルともに個人手配の、完全フリー旅行。
のんびり、ゆっくり楽しんできました。

シンガポールの普段の生活について、おもしろい発見がありました。
高層住宅の窓から、洗濯物を干した竿が、空中に向かって垂直にのびているのです!
30階はあろうかという高層ビルの上の階でも、多くの家の窓から、竿がにょきにょき。
洗濯物を干した竿は、重い。
落としたりはしないのかしら?と心配になりました。

ちょっと調べてみたら、シンガポールでは一般的な干し方のようです。
竿を差し込むための穴も、各部屋にちゃんとついているそう。

そう言えば以前、香港でも見たことがあります。
狭い土地にたくさんの人々が住む国なので、戸建ては少なく、高層住宅が多いようです。
庭がないから、洗濯物を干すスペースも限られる?
それで空中に洗濯物を干してしまうとは、とても賢いなぁと感心したヒトコマでした。
[PR]
by taku_haha | 2004-11-28 14:44 | 旅行